プロフィール

ハンディやしき

【生年月日】 1977年(昭和52年)8月23日

【血液型】 A型

【出身地】 石川県能美市

【サイズ】 身長161cm

      洋服サイズ レディース・キッズサイズ

      足のサイズ 25.5cm

【趣味】 舞台鑑賞・映画鑑賞・絵画・料理・ファッション

【特技】 スキー(SAJ検定1級) 野菜コーディネーター

【SNS】Facebook,twitter,instagram ハンディやしきで検索


レギュラー出演

【テレビ】

■石川さん情報live リフレッシュ (石川テレビ)

月曜~金曜 9:55~10:50 木曜日レギュラー

【ラジオ】

■ハンディやしきの5時までGoGo! (MROラジオ 1107kHz)

月曜~金曜・日曜 16:55~

 

【CM】

Panasonic「IHクッキングヒーター据置タイプ 」

トヨタ自動車「新型プリウス」

NTTドコモ「だから私は、Xperia。」

パチンコホームラン

ふるさとCM

■焼肉のたれ「宮殿」

■SUBARUアイサイトツーリングアシスト

【ユニット】

■2017年~マジシャンKAZさんと「2HAND’S(ツーハンズ)」を結成

 通販+マジックの新型エンターテイメント

ハンディやしきのお仕事の実績はこちらをご覧下さい。


ハンディやしき物語

【芸能界を目指し上京】

地元石川県の高校を卒業後、芸能界を目指し上京。

芸術系の専門学校へ入学する。

在学中から歌、演技、ダンスなどのオーディションを受けまくる。

そして落ちまくる…。

あるオーディションの時、審査員から「喋りがうまいけど、そっち方面はどう?」と聞かれ、「喋りで人前に立つってのもありかぁ」と、その縁からワタナベエンターテインメントに入る。


【お笑い芸人時代】

当時、時代は空前のお笑いブーム。

ボキャブラが大流行し、お笑い芸人が次々とスターになる時代。

事務所の先輩「ネプチューン」が目の前で大ブレイクしていくのを目の当たりにする。

「俺も売れたいっ!」

その想いから、お笑い芸人として活動を開始。

漫才コンビ「てりゅう弾」を結成しツッコミを担当する。

が、全く売れずにあっけなく解散…。

しかしその後思いもよらないできごとが。

ピン芸人になった元相方がまさかの大ブレイク!

その相方とは「ヒロシです」でお馴染みの、あの「ヒロシ」です。

ビックリすると同時にかなり落ち込む…。

「俺だって売れたい…。」


心機一転、マセキ芸能社に移籍。


2001年にお笑いコンビ「こんらんチョップ」を結成しツッコミを担当。

3人の繰り広げるコントが評判となり、ライブハウスのコンテストでは数々の賞を獲得。


その実力はアンタッチャブル柴田に「なぜ売れてないのか分からない」 と言わしめるほど。


「ぐるぐるナインティナイン」 「あらびき団」 「笑っていいとも!」など数多くのテレビ番組に出演するもブレイクには至らず(泣)


同時期にしのぎを削ったライバル達が次々とブレイクしていく中、2008年惜しまれながら解散…。

その時のライバルには、「サンドウイッチマン」や「ナイツ」「オードリー」「小島よしお」、同じ事務所の仲間には「狩野英孝」「いとうあさこ」らがいた。


またしても自分は売れない…。

TBS「あらびき団」

日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」


【通販マンへ】


そんな失意の中、転機が訪れる。

5分間で1億円を売り上げた伝説の通販マン「ベガス味岡」に出会い、弟子入り。

通販マン「ハンディやしき」として活動を始める。


ここで才能が開花。

1日でハンドバックを150万円売り上げるなど、実演販売士として力を発揮。

その模様が日本テレビ「ヒルナンデス」で紹介される。

通販マンとしてショップチャンネル出演時には、固形洗剤「ピエールダルジャン」2000個を40分で売り切る。

その実力が認められ、富士通、NTTドコモ、アイリスオーヤマなど大手企業の商品紹介VTRに次々に起用される。

同時に全国のショッピングモールでスタートさせた実演販売ステージが評判に。

その様子がドコモショップの販売研修用VTRとなる。


その後は実演販売だけでなく、テレビショッピングのレポーター、イベントMC、司会、俳優と活動の幅を広げる。

日本テレビ「ヒルナンデス」

富士通「FMVシリーズ」


ようやく仕事も軌道に乗り、忙しくなってきたところでまたしても転機が訪れる。

ある年の帰省中。

久しぶりに目にしたのは、いつも元気だったはずの両親の病気がちな姿。

「父ちゃんも、母ちゃんも歳とったなぁ…」

気付けば自身もとっくに35歳を過ぎていた。

「俺は2人を田舎に置いてこのままでいいのか?両親のそばにいるべきではないのか?」

やっと仕事が軌道に乗ってきたのに、地元に戻ればまたゼロからのスタート。

高校まで暮らしていたとはいえ、仕事的にはコネも実績も無い。

不安が重くのしかかる。

東京に戻り忙しい日々が続くが、「このままでいいのか?」と自問自答を繰り返す毎日。

そんなある日、地元の友達から1本の電話が。

「今のままでどうなん? どうすれん?」

(今のままでいいの?  どうすんの?)

この一言で全てが決まった。

「これからは自分を育ててくれた地元、そしていつも応援してくれる両親のために働こう!」


【石川県へ拠点を移す】

そして2014年より地元石川県に活動の拠点を移す。

知名度など無い、まさにゼロからのスタート。

しかし東京での経験がここで活きてくる。

13年の芸歴で身に付けた笑いのセンスと、どんな小さなボケも見逃さない的確なツッコミ。

販売士として身に付けた高いコミュニケーション能力を武器に少しづつ仕事を獲得。


「全ては無駄ではなかった。」


現在石川県を中心に富山・福井などでテレビ、ラジオ、イベント司会などで活動中。

2014年7月からは石川県「能美市の観光大使」に、2016年2月からは「石川県観光特使」に任命され、故郷を全国にPR中です!

能美市観光大使

のみ農げんき宣伝大使